上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



私が一番楽しく読める本をご紹介します

カレル・チャペック著 「園芸家12カ月」  


カレル・チャペック


「園芸家12カ月」は園芸好きの方には勿論 園芸をなさらない方にも

笑って頂ける楽しい楽しい本です。 



土に親しんでいる人が味わう 

“喜び”や“苛立ち”を絶妙のユーモアで描写したとても愉快な本

本文150ページばかりの薄っぺらな単行本ですが、本の裏表紙にあるように

人々の心まで耕して、緑の木々を茂らせ、花々を咲かせる。  




お気に入りの本はなに?って聞かれたら

一番にこの本だって 私は答える


2カレル・チャペック



作者は、チェコの生んだ最も著名な作家 カレル・チャペック

カレル・チャペックは、こよなく園芸を愛した人、ロボットと言う言葉を作り出した人



ブログ Topiの窓辺から でも その可笑しさ・楽しさを

お伝えしたのですが ここでもやっぱり 声を大にしてしまいました 





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rosebouquet7.blog.fc2.com/tb.php/56-c38cd8d5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。